ビットコインのセキュリティー危なくない?

管理人のおすすめ取引所

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin>

今回はビットコインのセキュリティーについて分析してみました。インターネット上の通貨としてユーザーが一番気になることは、安全性だと思います。ハッキングされて手持ちのコインが0になっていたり、自分のことではないにしろセキュリティーが破られたら価値が暴落することは間違いありません。それではどのような仕組みなのか詳しく見ていきましょう!

P2Pでビットコインのデータは世界中に散らばっている?

ナカモトサトシという人物の論文を元に有志による開発が行われ、2009年より運用が開発されました。ビットコインは銀行のように中央管理を行っている機関はなく、P2P(ピアツーピア)という複数の端末を相互に接続しデータの送受信を行うものです。※ファイル共有ソフトのwinyやスカイプなどがP2Pを使用していたりします。

ビットコインの取引などのデータは、複数の端末に分散して所有しているため、ハッカーから攻撃を受けたとしても他の端末のデータを使用することにより復元することができます。そのためコピーや改ざんをすることができない仕組みというわけです!

しかし、複数の端末でデータを保有しているということは、誰でも取引のデータを確認することができてしまいます。自分が誰にいくら支払ったなど世界中の人が確認することが可能です。ただ、データは暗号化されているので自分の個人情報が第三者に見えるということではなので安心してください。
これがビットコインが安全な理由の1つ目になります。

取引の不正を防ぐブロックチェーン

ブロックチェーンは2008年にビットコインの核となる機能として開発されました。ブロックチェーンは今までに一度もハッキングによるシステムのダウンや改ざんが発生しておらず、とても高い信頼性があります。ブロックチェーンは、インターネット技術に続く革命と呼ばれており、取引の分野で世界中から非常に注目されています。現在取引などの書類は、紙でのやりとりが一般的ですが、今後はブロックチェーンを用いたデジタルな情報のやりとりに変わる可能性があります。
では、ブロックチェーンとは、どのような仕組みになっているのか見ていきましょう。

ブロックチェーンのしくみ

ブロックチェーンでは取引の情報ことを「トランザクション」と呼んでいます。このトランザクションを一つのブロックにまとめネットワーク内で共有します。また次のブロックに前のブロックの情報を埋め込むことで、不正が起きた際に前のブロックとの整合性が合わなくなり改ざんしたことがわかります。このブロックを一つ前のブロックと繋ぎ合わせる様子が「ブロックチェーン」という名前の由来になっています。トランザクションは、ブロックに登録されたときにブロックチェーンの参加者に共有されるため、全体の合意のもとに処理が実行されていきます。

Aさん腐ったバナナ購入のケース(例え)

Aさんは300円持っていることをBさん、Cさん、Dさんに共有されています。

ある日、どうしても腐ったバナナを食べたくなったAさんは、所持金のデータを改ざんしてZさんから購入しました。しかし、ブロックチェーン技術によりBさん、Cさん、DさんにAさんに400円で腐った臭いバナナをZさんから購入したことが共有されました。他の人たちはAさんが300円しか持っていないことを知っているため、Aさんの不正をしることがわかります。Aさんは腐ったバナナを食べることができず、罰としてフィリピンのバナナ農園で一生働くことになりました。※イメージなので実際に取引が成立してから発覚するということはありません。

まとめ

ビットコインのセキュリティーについて簡単にご説明しましたが、お分かり頂けましたでしょうか。今現在ビットコインのセキュリティーは強固で破られてはいませんが、今後「量子コンピュータ」「51%攻撃」などさまざまな問題点が話題に上がっています。革新的な技術ではありますが、長期的な目線で見てリスクを考えた投資をすることが大切だなと個人的に思います。みなさんも仮想通貨に投資する際は、しっかりと分析したうえで購入することをおすすめします。

 

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です